更年期に入ると、女性ホルモンの分泌は低減します。それに共に出現するのぼせ、ほてり、イライラなどの不愉快な症状を更年期障害と言います。そこで、少なくなった女性ホルモンを補いつつ、それらの症状の改良を促進して行くことをホルモン補充療法と言います。

閉経をはさんだ前後5年を「更年期」といい、女性ホルモンの低減が原因で毎日の生活に支障が無理が来ることを「更年期障害」と言います。この更年期障害の治療で、メインだと言われているのがこの「ホルモン補充療法」です。

治療内容としては、基本的には卵胞ホルモン(エストロゲン)の投与で良いですが、エストロゲン単独投与だと、時々不正出血になったり、子宮体がんの発症があったりするので、これらの防止のために、あともう1つの女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)も一緒に補充します。

なので、ホルモン補充療法では一般的に、エストロゲンとプロゲステロンの両方の女性ホルモンを投与することになります。

更年期障害におけるホルモン療法について

女性の場合、閉経が間近になると卵巣機能が低減し、卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が激減します。これにより体がその変化に対応できず、自律神経失調症などの色んな症状を発症します。

「ホルモン補充療法(HRT)」というのは、エストロゲンの急激な低減に対して、必要最低限のホルモンを補充する治療法のことを意味します。これによりエストロゲンの急激な変化をおだやかにし、閉経したあとのホルモン環境に体をフィットさせて行く役割の療法となります。

ホルモンを補充とは、すべり落ちるように低下していくホルモンをゆったりと着地させるための、ソフトクッション的な役割だと思えば正解です。

エストロゲンだけを立て続けに補充していると、子宮からの出血などの副作用を伴い、子宮体がんのリスクを高めやすいです。それを防止するためにも、黄体ホルモン(プロゲステロン)を共に投与することが大切です。どのように組み合わせていくかは、年齢や、閉経時期、子宮の有無などにより幾つかの方法があります。

ホルモン療法の治療効果は、治療を開始した数日後に実感できることが多く、自律神経失調症状から発症する症状を軽減する効能が特に期待できます。特に、のぼせやほてりなどのホットフラッシュや、発汗異常、動悸、息切れなどの血管運動神経症状は、治療をスタートしてからまもなくすると軽減されることが多いそうです。